アレルギー性紫斑病とレストランで注意するアレルギー

アレルギー紫斑病は、全身の毛細血管が炎症を起こし皮膚の下で内出血を起こす症状です。マイコプラズマ肺炎などの細菌感染、水ぼうそうやはしかなどのウイルス感染によって引き起こされる場合もあります。症状としては赤紫色の、不定形な斑模様のような発疹が皮膚、特に足や足首などの下腿にあらわれるのが特徴です。また腹痛や関節痛が引き起こされる場合もあり、内出血を起こしている部位によっては血便、血尿が出てくる可能性もあります。そのまま症状が進行すると、稀に腎炎や腸重積症と言った重篤な合併症が引き起こされることもあるので、症状がおさまった後にも注意が必要です。成人に見られることはほとんどなく、患者のほとんど15歳以下の子供で、特に2歳から10歳にかけての児童がかかりやすい症状です。アレルギーが原因の場合は、食物や薬剤、虫に刺されことによるアレルギー反応が引き金となって出てきます。アレルギーの有無からして明らかになっていないと言う場合は、まずはその有無、及び何が危険なのかを病院で調べてもらうことが必要です。食物アレルギーが明らかになった場合は、紫斑病を防ぐことは勿論、命の危機に直結するおそれも高いアナフィラキシーを防ぐためにも、食事に対しての細心の注意が求められます。レストランで食事をする場合にもこれは同様です。現在では、レストランでも、アレルギーを持った人に対する配慮がなされたメニューは多数、用意されています。ただしアレルギー表示が義務付けられている7つの主要食材、卵や小麦、エビ、カニなどのみに対する配慮がほとんどで、それよりもう少し配慮が進んでいたとしても、推奨品目の20食材、ゼラチンや大豆、オレンジなどで終了していることが多いです。つまりそれ以外の食材にアレルギーを持っていた場合には、自分でひとつひとつ確認をすることが求められます。