小児アレルギーと麦茶アレルギー

小児のアレルギーの原因として多いものは卵、乳ですが、重篤なものとして小麦、そば、落花生があり、かにやえびも比較的多い原因物質です。以前は成人に多かった花粉症も小児で発症することも増えてきました。花粉症の中でも小児に増えているのはイネ科植物の花粉による花粉症です。イネ科植物は、カモガヤ、アシ、ススキ、ハルガヤなどで、空き地や公園に生息しています。小児が接する機会が多いため花粉症が増えているものと考えられています。
イネ科植物の花粉は抗原(アレルギーを引き起こす部分)が非常に似ているため、ひとつのイネ科植物花粉症になると他のイネ科植物の花粉症になりやすい傾向があります。中でもカモガヤは花粉症が多いことで知られています。そして生の野菜や果物を食べると口に発疹が出来たり、唇が腫れるなどの口腔アレルギーを示すことがあります。原因となる食べ物としては、モモ、キウイ、メロン、リンゴ、スイカなどがあります。
そして、イネ科の花粉症になるとイネ科の食物に対してもアレルギー症状を示す傾向があります。イネ科の食物は小麦や麦、また、米にも反応します。小麦や米にアレルギーになるとパンやケーキ、せんべいなどのお菓子も食べられなくなります。
麦にも反応しますから、麦茶アレルギーにもなります。また、小麦と麦茶の原料の大麦のたんぱく質は非常に似ていますので、小麦アレルギーの人は麦茶にも反応する可能性が高いのです。水分はすぐに吸収され、短時間で強い症状が出る可能性があります。特に体調の悪いときは注意が必要です。
麦茶アレルギーの症状としては、喉のつかえや違和感、吐き気や下痢などがあげられます。小児は麦茶が好きですが注意しましょう。